☆わたしのホームページに来て頂き、有り難うございます☆

 

 このホームペーでは、病氣を治したいけど、治し方が分からない。

治し方を探している。

 

病氣を治して新たな人生を歩みたい。

 

 

そう願っている人たちの力になれたらと思ってつくりました。

 

わたし自身、長い間病氣を患っていた患者ですから、自分の経験を同じような人達のために

活かすことが出来たら嬉しいと思っています。

 

私はステロイド(医原病)で本当に苦しみましたから、

これ以上同じような人を増やしたくないし、

正しい情報と治す方法を発信し広めることが経験した者の使命と思って

今後の活動を取り組んで行きます。

 

 

では早速本題の、病氣を治すために必要なことを書いていきますね。

 

皆さん、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

☆病氣は「結果」であり、それには「原因」が必ずある☆

 

 病氣と言うと、“悪いもの”というイメージをお持ちではないでしょうか?

 

風邪をひいたら熱が出る。

アトピーななれば痒い。

リウマチであれば、痛み。

 

確かに辛いですね。

 

わたしもそうでしたので、分かります。

 

 

実際、現代医学では病氣をそのように見做し、症状をクスリで抑えようとします。

 

しかし、「何故そうなっているのか」という原因に眼を向けようとはしません

 

何故熱が出ているのか?

何故痒くなるのか?

何故痛みが出るのか?

 

その細かいメカニズムは分かっても、では、何故そうなるのか、

現代医学では分かっていません。

 

だから目先の症状をクスリで抑えようとするのです。

 

 

 ここではっきり言いますが、

 

病氣と言うのは「結果」です。

 

病氣(症状)と言うのは結果であり、それにはそうなる原因があるのです。

 

現代医学はそこに眼を向けないから原因が分からない、

そして「難病」と言ってしまうのです。

 

 

病氣には、なるだけの原因がある。

 

そして病氣そのものは、実は生体を維持するための反応なのです。

 

では、

 

①病気の原因と、

②それが生体を守るための反応だということを書いて行きます。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

①病氣の原因は?

 

 ずばり、

 

「異物」

・化学物質

食品添加物、水の汚染、農薬、シックハウス、今は放射能も考えないといけませんね、、、

 

「精神的なモノ」

・自分に嘘をついた生き方をしてる。

・思考の癖(マイナスに物事を考えてしまう。人のせいにする。怒り。など)

 

また、これらによって血液が汚れること(瘀血、腐敗)

 

これらが病氣の原因です。

 

どこに、どのように症状が出るかは個人差(体質)があるのだと思います。

 

 

②病氣とは生体を守る為の反応である~「症状即療法」

 

 病氣が自分を守るための反応?

こんなに辛く苦しいのに、、、?

 

そう思われるのもわかります。

 

私自身長い間、そこに居ました。

しかし、病氣を克服し、自分の体験や人の体験を観ていると、

病氣は現在思われているような悪者だとは言えないのが分かってきました。

 

 

ここでその例を挙げます。

 

①風邪とは?

 

風邪をひくと熱が出たりして辛いですね。

では、なぜ風邪をひくかを考えてみます。

 

風邪のウイルスが體内に入ってくると、白血球がウイルスと闘います。

勿論、異物を体内から排除するためです。

 

その時に脳の視床下部から熱を出す命令を出します。

 

熱を出すのは、

ウイルスの繁殖を抑制するため。

白血球の働きを促進させるため。

 

です。

 

こうして體は免疫を働かせて、侵入してきた敵(異物)を排除しようとする。

これによって生体は維持されるわけです。

 

だから熱は體を治すために必要な反応だということです。

 

 

②アトピーとは?

 

アトピーはアレルギー反応のことであり、

発症すると肌が赤くなって皮膚がボロボロになって痒くなり、

酷いと掻きむしって浸出液が出ます。

 

私もアトピーですから、この苦しみはよく分かります。

 

私の場合、これにステロイドを塗ることで病氣を難治化させてしまいました。

 

 

アトピーになると肌が赤くなったり熱が出たりする。

これは「炎症」と呼ばれるものです。

 

炎症とは、

これも異物を排除しようとする免疫の働き(化学物質を排除するため)、

いわば治癒反応なのです。

 

アトピーとは、炎症が皮膚で起こる病氣の事です。

 

 

③リウマチとは?

 

リウマチは現代医学で「自己免疫疾患」の一つで膠原病とも言われています。

また原因不明の難病と言われています。

 

しかし本当でしょうか?

 

リウマチは関節に炎症が起こり痛むわけですが、

それは関節部で異物が滞っているからです。

 

事実、患者さんの痛がっている関節部(患部)を触ると硬くなっているのです。

これはそこに異物が詰まってシコリとなって硬くなっているのか、

炎症が慢性的に続き組織がダメージを受けて硬くなっているのか、

 

こういう事実があるのです。

いずれにしろ身体は異物を排除しようとして炎症を起こし、そこに血液を集めています。

 

リウマチは炎症が関節部で起こることで、

炎症の起こる場所がアトピーと違うだけです。

 

 

 

 ☆問題は異物がなかなか流れず炎症が慢性化することです

 

その理由は血液の汚れ(瘀血)に他なりません。

 

 

 また病氣の人は腹部も硬くなっているものです。

 

血液はお腹で作られるのですから、内臓が悪ければ健全な血液も作れるはずがありません。

 

 

 

☆「万病一元」~血液の汚れ(瘀血、腐敗)が病氣のもと☆

 病氣は悪者でないこと。

それどころか身体を守るため維持するための反応だということ。

 

病氣は結果であって、それには原因があるということ。

原因には化学物質や精神的なモノがあると書きました。

 

これらによって血液は汚れます。

 

そして、炎症(治癒反応)とは、異物を排除して血液を浄化しようとする

有り難い反応だと言えることができるでしょう。

 

(問題は、繰り返しますが、炎症が慢性化すること=慢性的な血液の汚れ、です)

 

 

血液が汚れるとは、血液がドロドロになったり、腐敗することです。

 

「流水は腐らず」と言います。

 

しかし流れが滞った川は腐ります。

それが体内の河川である血管内でも起こっているのです。

 

 

どうでしょう?

 

ヘドロの溜まった河川が自分の中を流れていると想像してください。

その時あなたは健康でいられると思いますか?

 

 

「化学物質」や「富栄養化」のために血液は汚れ腐敗する。

(この辺のメカニズムは、また後ほど何処かで)

 

要するに、

★食品添加物、農薬、化学肥料などの化学物質、食べ過ぎが原因です。

 

もう一つは、

★精神的なモノです(心の癖~マイナス思考や怒りなど)。

 

これらで血液を汚し、それが病氣の発症を引き起こすわけです。

 

 

さぁ、段々病氣の原因と病氣とは何かが分かってきましたね?

 

では、いよいよ病氣を治す方法治癒反応を応援する方法)を考えて行きましょう。

 

 

 

 

☆病氣を治すために~血液を浄化する☆

 病氣の原因は血液の汚れ。

血液の汚れは、化学物質を体内に入れたり、食べ過ぎたりすることだと言いました。

 

原因が分かっているのですから、その原因を排除して行ってやればよいのです。

 

要するに、免疫の作用を応援してあげることをすれば良いのです。

 

 

免疫は異物を排除しようと、そして生体を守ろうとしてくれていますね?

それと同じことをご自身もしてやれば良いのです。

 

 

それは、、、

 

●汚れていない綺麗な水を飲み、風呂に入る。

●農薬・化学肥料を使っていない、自然農法のお米や野菜を食べる。

●塩は精製されていない、加熱処理されていない本物の自然塩を摂る(塩田法)。

●醤油や味噌などの調味料も、発酵してる本物を選ぶ(添加物)。

●有酸素運動をする(散歩やストレッチ、ヨガ、太極拳などで血液循環を良くする)。

●夜は早めに寝る(10時~2時にグロースホルモンが出る)

●食べ過ぎに氣をつける(腹八分に医者いらず)。

 

それと、

●自分の心に向き合う(これはまた、別の機会に何処かで、、、とても大切なことです)

 

         ※これらについては具体的に、こちらから

 

日々の選択を変えること

 

これらが病氣を治すための基本です。

 

心の事以外は特別なことではありません。

 

身近な事から少しずつ行動を起こして行きましょう。

 

 

 

☆病氣を治す先にあるもの☆

 病氣は治るのか?ではなく、病氣は治るもの。

 

そういう視点で書いています。

 

 

私が伝えたい事。

 

それは、病氣を治す過程で色々学んでいただき、その後の人生に活かしてもらいたいと

いう想いがあることです。

 

 

日本の食べ物や飲み水がどれだけ汚染されているか知らないと、

これらの問題には氣づけず、病氣も治りません。

 

病氣を治すことは、実は日本の今の様々な問題に関心を持つことでもあるのです。

(この辺も、また何処かで)

 

その意味が分かりますか?

 

全ては繋がっているということです。

自分だけ、などということはあり得ません。

 

自分に嘘をつくことは人に嘘をつくこと。

逆に

自分に誠実に生きることは人に対して誠実であるということです。

 

 

いきなり話が大きすぎる様に感じられるかも知れませんが、

私が伝え得たい事は、病氣治しの先にあることなのです。

 

そういう仲間が出来ることも、また楽しみにしています。

 

 

伝えたいこと~必ず読んで下さい